受診者様はこちら

導入医療機関様の声

「健診結果をスマホで」
見えてきた可能性
希望者は56% 健康管理を促し、院内の効率化も

医療法人社団 六医会 汐留シティセンター
セントラルクリニック
放射線科 技師長 畠山 結児 様

多くのオフィスが集まる東京・汐留。年間2万件もの健康診断を行う汐留シティセンターセントラルクリニックでは、この春「ここカラダ 健診結果Webサービス」を導入した。

既に受診者の56%がWebでの健診結果の送付を希望しており、健診結果の印刷から製本、郵送まで行う作業を省くことができ、院内の業務効率化が一気に進んだという。受診者が多い分、さらに効果が期待できそうだ。

医療法人社団 六医会 汐留シティセンターセントラルクリニック放射線科 技師長 畠山 結児 様

診療放射線技師長の畠山結児さんは、受診者は、スマホやパソコンから健診結果をすぐに確認できることに利便性を感じているという。また、データを蓄積できれば、急に他の医療機関を受診することになっても、必要な情報をすぐに伝えられることから、受診者側のメリットはさらに増えると考えている。

受診者様に良質な健康サポートの提供を

まずは貴クリニックでの健診事業の取り組みについて教えてください。

畠山さん当クリニックは、東京都内に3つあるセントラルクリニックグループの一つで、総合内科、皮膚科、各種専門外来からなる総合クリニックです。

さらに人間ドックや健康診断や各種健診など、最新鋭の検査機器を用いて検査を実施しており、患者様・受診者様一人ひとりに合わせた医療サービスの提供を行っています。

「ここカラダ 健診結果Webサービス」の導入に至った経緯を教えてください。

畠山さん当クリニックでは、健康診断を受診される方は年間2万人にも上ります。受診者様から「Webで健診結果を見たい」といったニーズと「院内での事務作業の効率化」を目的として「ここカラダ 健診結果Webサービス」の導入に至りました。

今回の導入に際しては、コストに対する課題を解決するだけでなく、受診者様への良質な健康サポートの提供につながるのではないかという考えが根底にあります。

当クリニックでもITを使いこなしアナログ的な方法から少しでも脱却するため、今後はこのようなサービスを積極的に利用していきたいと思っています。そのことによって業務の効率化が図られるなら、結果として受診者様に還元できるのではないでしょうか。

印刷から郵送までの作業を省略、効率は格段にアップ

「ここカラダ 健診結果Webサービス」を導入して、実際にどのような変化がありましたか。

畠山さん導入してからまだ間もないのですか、既にいくつかのメリットを実感しています。

1つ目は業務の効率化における効果を感じています。これまでは健診結果を受診者様にお伝えするまでに、データ入力・印刷・製本・封入・郵送といった作業工程になっていましたが、「ここカラダ 健診結果Webサービス」導入後は、データを入力して送信ボタンを押すだけで受診者様にWeb上で健診結果をお伝えでき、印刷から郵送までの作業工程を省くことができました。

実際、貴クリニック内で効率的になったという声はありますか。

畠山さん健診結果の入力後も、印刷から製本、郵送までの作業が年間2万件ありますので、すべて対応するのは本当に大変な作業です。これがワンクリックでできるようになり、作業負担が大きく軽減したという声があります。

2つ目は、やはりコストや作業時間を削減できる点です。印刷費、郵送費に加えて、作業にかかる時間が削減できました。

業務の効率化やコスト削減以外にはいかがですか?

畠山さん要治療のフォローが簡単に行えるようになったことも、大きなメリットとして感じています。

治療が必要になった受診者様には二次検査の案内が自動配信されるので、検査の案内をよりスムーズに行うことができるようになりました。

中には、要治療の判定がついても、そのまま放置して翌年の健診でさらに悪化してしまっているケースも見受けられます。少しでもこのような状況を改善するためにも、このサービスを導入することの意義は非常に大きいと感じています。

実際、再検査を受けに来る受診者様がシステム導入前よりも増えています。また次回以降の健診の案内を適切なタイミングおよび回数で、自動的にメールでお知らせできるので、受診率の向上につながるのではないかと期待しています。

受診者の56%がWebでの閲覧を希望

健診を実施するクリニック側のメリットは大きいということですが、受診者様の反応はいかがでしょうか?

畠山さん当クリニックでは、56%の受診者様が今回のサービスを利用しました。すなわち、56%の方は紙の結果ではなく、Webでの閲覧を希望されました。

特にビジネスパーソンの方のニーズが非常に高く、導入した効果を感じています。忙しいビジネスパーソンにとっては、スマートフォンやパソコンでいつでも簡単に健診結果を確認することができるのは魅力の一つです。

近年、ITは私たちの生活にとても身近になっていますので、健診結果をWebで閲覧することにも抵抗は少なく、むしろ利便性の観点からも利用者が増えていくのではないかと感じます。

自分で結果を把握でき、他院を受診した場合にも有効

畠山さんまた、紙の健診結果と違う点として挙げられるのが、過去に受診した健診結果も簡単に見られることです。例えば受診者様ご自身が、昨年に比べて検査値がどうなっているのかが気になった時に、紙の健診結果だと、どこかにしまい込んでしまって探すのに苦労することもあり得ます。一方で、このサービスであれば過去の検査結果もデータとして保存されているので、容易に健診データを経年的に確認することができ、ご自身の健康管理に活用することが可能です。一例として挙げると、血糖値などの血液検査値の確認が年ごとに確認できることです。血糖値がどんどん上がっていくのが分かれば、ご本人が日ごろの生活で心当たりがあると思います。具体的な数値を見ることで、自分の生活習慣を改めるいい指標になるのかなと思います。

こうした蓄積されたデータを本当に生かすことができるのは、実際に病院を受診された時に医師から「前回のデータはどうでしたか」と尋ねられた時で、すぐにスマートフォンを見て答えられるようになりますので、次の医療へのステップがスムーズになります。このような形で活用するのが一番大きな目標かもしれません。

データをみて、自分で健康に気付くことができるのはいいことですね。

畠山さん今は数値などを配信していますが、放射線技師は画像を撮るのが専門なので、将来的に画像が見られるといいと思っています。5G(第5世代移動通信システム)になったら、それも可能ではないでしょうか。

海外に出張される方も多いですが、出張先で病気になっても、自分の検査値や画像を、現地の先生にお伝えできれば、メリットは大きいと思います。

最後に、貴クリニックの健診業務の取り組みについての展望を教えていただけますか?

畠山さん当クリニックでは、「予防医学と最先端医療を追求し、一人ひとりに合わせた医療サービスの提供」を標榜しています。

予防医学の重要性が叫ばれる昨今、当クリニックが果たす役割は今後ますます大きくなると考えています。

これからも「ここカラダ 健診結果Webサービス」をもっと活用していきたいと考えています。

資料請求や
お見積りなど
お気軽に
お問合せください。

< TOPへ戻る